Ouma - Cell Artist -

PAGE TOP

Apples

Apples
63cm×310cm(24.8×122inch), 100 Apples (contribution of Japanese people) 2019

Oumaは本展の際に、日本の一般の人たちにリンゴを買ってギフトとして届けようと呼びかけました。このリンゴは、多くの見方を私たちに提供してくれます。リンゴは育てるのがとても難しい果物で、通常は多くの農薬の使用が必要です。日本には、奇跡のリンゴと呼ばれるリンゴがあります。一人の日本人が育てることに成功した農薬不使用でつくられるリンゴです。その味はとてもおいしい。このリンゴは韓国と日本の関係性を表しています。(*韓国語では「リンゴ」と「謝罪」は同じ発音になる。しかし、日本では果物としての意味しかない)
Ouma asked Japanese people to buy Apples so these Apples are bought by Japanese people as a gift to Korean people. An Apple shows there’s various aspects. Apple is the fruit which is very hard to grow up so usually we use a lot of pesticide. There’s an Apple called miracle Apple in Japan. A Japanese guy made it without using pesticide. It’s very tough time to find the way of making Apples without pesticide. The taste is incredible. Apples show the relationship between Korea and Japan. (* Apple and Apology is same pronounciation in Korean but in Japan, just a fruit.)

Apples
LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous

▶artwork top