Ouma - Cell Artist -

PAGE TOP

晒される椅子 / Exposed Chair

Chair
h870×w560×d580mm(34.2×22.0×22.8inch) Wall paint on Chair, strings, pen on cardboard 2019

本作は生命を再定義することをテーマにしています。私は幼い頃、「モノ」を生きているように感じており、誰かが椅子や机を蹴飛ばしているだけで子猫が蹴られているように感じ、心を痛めていました。現代ではロボット開発も盛んになっています。ロボットはこれまでの生命の定義では「モノ」にあたり、論理的に考えると生き物ではありません。しかし、興味深いアンケートが以前、ツイッターに上がっていました。もしもそのロボットが人間に似ていたら、そのロボットを暴力的に扱うことができるか、というアンケートです。ほとんどの人が「できない」を選択していました。私たちはごみを踏みつけることもできるし、小さな虫をつぶすことをさほど気にしないのに、人間に似ているロボットは傷つけられないということにとても興味をもちました。私は今、改めて生命について定義すべきではないかと考えており、生命を「愛着」として再定義しています。この椅子がひどい拷問を受けていることに対して、あなたの心は痛むでしょうか?
This is the work for redefine of Life. Since I was a child, I feel things are also living. When somebody kicked a chair or a desk, I hurt to see it. I felt like somebody kicked a little cat. In modern era, robots developed very well. Robots are things. Logically they are not living thing. However, there's some questionnaire on Twitter. It asked us if there's a robot who looks like human being, can you use violence on them or not. Most of people choose "can't". This is very interesting because we step on garbage and kill bugs without thinking but we don't like to use violence on things which look like human being. I think it’s time to expand concept of life. Ouma’s redefinition of life is "Attachment". Do you feel bad if you see a chair which is tortured?

Chair
LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous

▶artwork top