Ouma - Cell Artist -

PAGE TOP

What lets me live for / だから、わたしは生きている。

What lets me live for
Acrylic on Japanese paper, 2016, h254×w285×d300cm(100×112.2×118.1inch)

ヒトには自由意志がないのではないか、という研究結果がある。
米国の生理学者、Benjamin Libet氏の研究により、ヒトが意識する約0.5~1秒前に、脳は行動を起こす準備を始めているということが明らかになった。

「動こう」とあなたが思う前に、すでに「動き」始めている。
もしも、本当に自由意志がないのだとしたら、私たちは生きることも死ぬことも、自らの意志とはかけ離れたところで決定されているということだろうか。

私たちは死を選ぶことができる。
選ばれた死は、私たちが自由に選んだものではないということか。

私たちは生を選ぶことができる。
選ばれた生は、私たちが自由に選んだものではないということか。

元獣医師というキャリアをもつOumaのアートのテーマは「治療の代替となるアートの探求」である。
モチーフとしているのは、生物学で生命の最小単位と定義される「細胞」である。

ヒトには「信じる」ことにより、自らを治癒する能力がある。
ただの小麦粉を新薬と確信することで、劇的な回復を見せることがある。
時に、手術を必要とする大きな怪我も、皮膚を切っただけの偽手術で完治することがある。

ならば、真に安全で効果的な治療とは何か。
なぜ、ヒトは自らの治癒力を自らの意志のみで生かせないのか。
たとえヒトに「自由意志」がなかったとしても、すべては自らの選択であり、自ら生きることを選んでいるのだと確信することはできないのか。
自らの脳を自ら騙すことはできるだろうか。

紙に刻まれたパターンは、自由意志などないかのように、全くの下書きなしに、自動的に生み出された。
ギャラリー内を1つの「細胞」として内包される1つの「細胞」のような作品。
この空間で、作品からの強固な圧力をあなたは全身で感じるだろう。

そして、この作品を、あなたは切り取って持ち帰ることができる。
白い部分、赤い部分、細かい模様が刻まれた部分、まっさらに近い部分。
あなたはなぜ、その部分を持ち帰ると選んだのだろうか。 それは、あなたの自由意志か。それとも何者かによって選ばされたのだろうか。

あなたの心臓と同じサイズに切り取られた「部分」は「意志とは何か」、あなたに問いかける。

※本作は握りこぶし大に一度だけ切り取ることができます。
 作品を持ち帰りたい場合は10ユーロ。置いて帰る場合には、握りこぶし大の作品は壁に晒します。
 飾られている他者の心臓サイズの作品を買い取ることもできます。

A study says we humans in fact are not endowed with free will.
The research by Dr. Benjamin Libet, an American physiologist, has revealed that our brains get ready to act approximately 0.5~1 second before we get aware of the action. This means you “are acting” before you think of “acting” it.

If we really do not possess any free will, does that mean our living and dying is being decided by something that is beyond our wills?

Still, we seem to be capable of choosing our death.
Is even such a chosen death in fact not chosen by our discretion?

We are capable of selecting living and its way.
Is even such a selected life in fact not selected by our discreation?

The creative mission of Ouma, as a cell artist who was veterinarian, lies in to “artistic quest of alternative healing” with her art ingredient focused on “cell”, the biologically-defined minimum unit of life.
We humans have innate capacity to heal ourselves by “believing”.
Simply being convinced of mere flour as an effective medicine could bring about a dramatic cure (so-called placebo effect).
Occasionally mere cutting of a skin (placebo surgery) fully cures a serious injury.

These facts lead us to ask, “What are the safe and effective treatment?” in the true sense of the word.
And “Why cannot we activate our natural healing abilities by our own free will?”
Even if we had no “free will”, could not we get convinced that everything in life is made out of our own choice or that we are selecting the ways we live?

Could we deceive our own brains by ourselves?

The patterns we describe on paper are automatically made without their blueprints as if we had no free will.
A work of “cellular” art which comprehends the gallery as a monolithic “cell”.
You must feel with your entire body the consolidated pressure radiated from the work.

And you can bring it back home with you any favorite portion of your favorite:
White portion, red portion, exquisitely patterned portion, or even a blank portion. What lets you choose the portion as your part?: Is it your free will?; Or something else’s?

The “portion” , cut off of your choice in your heart-size, will ask you “what is your free will?”

What lets me live for
What lets me live for
What lets me live for
What lets me live for
What lets me live for What lets me live for

▶artwork top