Ouma - Cell Artist -

PAGE TOP

集合生命 / Life Continuous

Life Continuous
Mixed Media, About 720×700×h250cm (283.5×275.6×98.4inch) size changeable, 2018
鑑賞者は作品を破ったり、吊り下がっている紙を結びつけたりすることができる。
Viewer can tear this work and make something with paper strings

西洋の完成された美意識と異なり、日本には古びていく様を受け入れ愛でるような美意識がある。本作は、生命の最小単位である「細胞」をモチーフとして制作をつづけるOumaによる「集合生命」の表現で、日本的な侘び寂びの美意識を踏襲している。集合生命とは、細胞が集まりあって多細胞になり、一つのヒトという生命を構成しているように、ヒトが集まって世界を構成していることを表しており、世界全体が複数の生命が集まった集合的な生命体であるという考えである。本作には、長く細い色のついた紙ヒモが本体の紙から垂れ下がっており、鑑賞者はそれらの紙を結びつけたり、本体の紙を破ったりすることによって作品に関わることができる。作品は展示期間中に人が関わるたびに影響を与え合いながら大きく形を変えていくが、最終形態は誰にも予測することができない。
Western way of sense of beauty is permanent and perfection. Japanese way is accepting any change even like getting older and rotten (We call it Wabi Sabi ). My motif of art is cell which is minimum unit of life in biology. I express “Life Continuous” works which 8 single compartment like cell gather and make big One work together. Long, narrow and colored paper strings came out from the works. People can tie them up and tear up the papers so whole work should be changing during exhibition and never completed.

Life Continuous
LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous LifeContinuous Life Continuous

>> artwork top