Ouma - Cell Artist -

PAGE TOP

Cell Artist Ouma / 細胞アーティスト・Ouma

Born in Tokyo, I am a trained veterinarian, and also studied pathology. I made my first foray into art by drawing pets that had passed away, and sending the paintings along with letters to the families. The families really enjoyed the paintings, which inspired me to find a way to heal without medicine. I started doing art in 2011, and in 2013, I had the first solo show. The motif of my work is cells. My aim is to create an opportunity for viewers to develop their healing abilities by using their senses to experience my art.

東京都出身。元獣医師。 臨床医時代に、担当患者の「死」をきっかけに、その子の絵を描いてお手紙と共に家族に送り始める。その数は100以上。獣医師の仕事の本質である「心の癒やし」を全うするため、手術や薬によらない可能性を模索しようと2011年よりアート活動を開始。 2013年1月に六本木のギャラリーUNAC TOKYOで初個展。治療の代替としてのアートの探求を目指し、生命の最小単位である「細胞」をモチーフとして、鑑賞者を主役とする体験型の作品を制作。 世界中の人をつなげるアートプロジェクト「SORAプロジェクト」を主宰。

動物のイラスト

Education

2003年麻布大学獣医学部獣医学科卒業
Bachelor of Veterinary Science 2003 Azabu University,Tokyo Apr 1997 - Mar 2003

Statement

As a veterinarian and artist, I have long been following my quest for "art as alternative treatment" by creating works of "cellular" art, for cells are the smallest life vessels. In questioning what healing is all about, my interest has transitioned from individuality into totality . Both as a veterinarian and as an artist, through treating people as one-and-only individuals, I have sought to find healing methods just tailor-made to respective subjects.
Cells, by their cohesive collaboration, have evolved into ever higher-functional units. Single cells developing into multiple ones, now in case of humans individual bodies consist of 60 trillion cells. I am pondering, "If a person as a collective life of innumerable cellular lives is content, none of individual cells could be unsatisfied". Meanwhile, questions on "ownership" have come to be raised inside myself. Times have already shifted from "consumption" into "sharing". My works of art are already not created by myself alone: they are composed by works of other artists, words of or influences from somebody else. Could we really assert complete originalities over our respective thoughts, actions, and works?

The idea of owning being way old and restrictive, now we could obtain everything without possessing it. I present through my works the experience of "scrap and build" as well as that of "create and develop". We, as individual units of cells (i.e. lives), are interacting with the world as the total Life (i.e. collective lives). This is the providence from which there is no way out for us.

I believe we no longer need ownership idea. Through my artistic activities, I am trying to let the participants and viewers perceive the con-sequential totality of the work and return to the viewers the liquidatable ownership of the work signifying the repetition of creation and destruction.

私は元獣医師として生命の最小単位である「細胞」をモチーフとした作品を通じ、「治療の代替」としてのアートを探求しています。 癒しとは何かを探求するうちに、私の興味は個体から総体へと移ってきました。獣医師としても、アーティストとしても、私は一人一人を個別の存在として扱い、それぞれにあった癒しの方法を模索していたのです。細胞は集まって協力し合うことにより、より高度な機能を獲得してきました。 単細胞が多細胞となり、60兆個集まってヒト一人の生命を形作っています。生命の総体としてのヒトが満ち足りていれば、個別の細胞のいずれかが不幸ということはないのではないかと。

そうしているうちに、私は「所有」に対する疑問を持ち始めました。
すでに時代は「消費」から「シェア」に変わってきています。

私の作品は、すでに私一人でつくっているものではありません。他の作家の作品や、誰かの言葉の影響を受けてできあがっています。 私たちは本当に、自分の考えや行動、つくったものを自身が制作した完全なオリジナルだと主張することができるのでしょうか。

所有という概念はすでに古く限定的で、私たちは何も所有しない代わりにすべてを手に入れられるのです。 私は作品を通じて「破壊して創造するという体験」を提供し、同時に「破壊され発展するという体験」を提供します。このように個別の細胞(生命)である私たちは、総体としての世界(集合生命)に影響を与えあっています。それは世界の摂理そのものであり、逃れることはできません。

私たちはすでに、所有を必要としていないのです。 私はアートを通じて、総体としてのつながりを感じさせ、繰り返される創造と破壊という流動的な所有権を鑑賞者に還元します。

Ouma
This is all animals who I met when I was a veterinarian.