Ouma - Cell Artist -

Cell Artist Ouma / 細胞アーティスト・Ouma

Born in Tokyo, I am a trained veterinarian, and also studied pathology. I made my first foray into art by drawing pets that had passed away, and sending the paintings along with letters to the families. The families really enjoyed the paintings, which inspired me to find a way to heal without medicine. I started doing art in 2011, and in 2013, I had the first solo show. The motif of my work is cells. My aim is to create an opportunity for viewers to develop their healing abilities by using their senses to experience my art.

東京都出身。元獣医師。 臨床医時代に、担当患者の「死」をきっかけに、その子の絵を描いてお手紙と共に家族に送り始める。その数は100以上。獣医師の仕事の本質である「心の癒やし」を全うするため、手術や薬によらない可能性を模索しようと2011年よりアート活動を開始。 2013年1月に六本木のギャラリーUNAC TOKYOで初個展。治療の代替としてのアートの探求を目指し、生命の最小単位である「細胞」をモチーフとして、鑑賞者を主役とする体験型の作品を制作。 活動を通じ、世界から「死」をなくすのが目標。世界中の人をつなげるアートプロジェクト「SORAプロジェクト」を主宰。

動物のイラスト

Education

2003年麻布大学獣医学部獣医学科卒業
Bachelor of Veterinary Science 2003 Azabu University,Tokyo Apr 1997 - Mar 2003

Statement

As an ex-veterinary practitioner, I am seeking “an art as alternative treatment” with “cells” the main character in my creation, “Treatment” to me is not a thinking but keeping myself in the center of sensations and emotions and eliminating sufferings. The most painful experience in life is said for us to be separated by death from beloved ones. I think, by terminating death from the world, we could overcome this hardest suffering.

Overcoming death is achieved through changing “experience” by engaging with art works; overcoming suffering is attained by “returning all existences to the artist”. The both processes have in common “the abandoning of creation”. So many an artist have tried to return their works to the mass public, However, all such attempts have ended as mere advocacy of their manners of creation or as one-sided supplies of creation to the people. By defining all our activities as art, I return all the beings to the artist.
All the activities mean every act of ours including walking, breathing, even blinking; All the existences means every entity on earth including not only plants and animals but a particle of sand at the foot of a street plant.

The works of what is supposed to be created by me, being drastically transformed in the process, will eventually realized as something beyond my creation. We can encounter with our transitions from the past; but, the modern sciences are incapable of things coming from the future. Only art would enable us to meet the future. Through the works I will deliver to the world the ideas from two-century future as a traveller from two-century ago.

私は元獣医師として生命の最小単位である「細胞」をモチーフとした作品を通じ、「治療の代替」としてのアートを探求しています。
私の考える「治療」とは、1つに思考ではなく自らを感覚と感情の中に置くこと。もう1つは、「苦」をのぞくことです。
人の最大の「苦」は愛する人との死別であるといわれており、世界から「死」をなくすことでヒトが抱える最大の苦をなくすことができると考えています。前者は作品と関わり変化する「体験」によって、後者は「すべての存在をアーティストに還すこと」によってなされることで、両者に共通することは「創作の放棄」です。

これまで、多くのアーティストが創作を大衆に還そうとしてきました。しかしながら、それはどれも、創作者が創作の在り方を提唱したもの、あるいは創作者から一方的に大衆的な創作を提供されるにすぎませんでした。つまり、自らアーティストを選ばない者は、やはり創作者にはなれないということです。私は、創作を放棄し、すべての行為をアートと定義づけることで、例外なくすべての存在をアーティストに還します。すべての行為とは、歩くことや呼吸すること、まばたきさえも含み、すべての存在とは、動植物だけでなく、街路樹の根元の砂の一粒さえも含みます。

私が生み出したはずの創作物は、最終的に大きく形状を変え、私の創作でなくなります。

私たちは、過去からつながる変遷に出会うことができる。でも、未来から来たものに出会うことは、今の科学ではできません。未来に出会わせてくれるのは、アートだけです。 私は作品を通じ、200年先から現代にやってきた旅人として、200年先の概念を世界に届けます。

Ouma
This is all animals who I met when I was a veterinarian.

Solo Exhibitions

2016

"Inferior parade", UNAC TOKYO, Tokyo, Japan
劣る者の楽園、ウナックトーキョー
(September 5 - 17)

“Her letter only says "yes".”,Art-League gallery, St Petersburg, Russia
彼女からの手紙には「Yes」とだけ書かれていた。、アートリーグギャラリー、サンクトペテルブルグ、ロシア
(April 24)

“Cellular”,WTA - Werner Thöni Artspace, Barcelona, Spain
(March 3 - 19)

2015

"The will for changing the world", Gallery Natsumikan Daikanyama, Tokyo, Japan
世界を変える意志、ギャラリー懐美館(なつみかん)代官山
(September 4 - September 13)

"After Big Five", UNAC Tokyo, Tokyo, Japan
五度目の大絶滅の後、ウナックトーキョー
(April 8 - April 18)

2014

"OM",  Ouchi gallery, New York, USA
(July 29 - August 3)

"Mi",  Gallery coen, Kanagawa, Japan
「み」展、ギャラリーcoen
(May 13 - Jun 1)

2013

The art of "self‐healing and self‐certification", UNAC salon, Tokyo
自己受容と自己治癒の美術、ウナックトーキョー
(January 10 - 24)

2011

The 39th anniversary of the Cafe, Cafabunna, Tokyo
視覚で聞く39年目のかうひいや展、かふぁぶんな
(December 5 - 25)

Group Exhibitions

2017

The group show for Artist in Residency 2015-2016 by ALTE SCHULE Hohenstein Artists Residency, Kunstmuseum (Art museum) Hersbruck am Spitaltor
(February 2 - April 2)

2016

Niigata Office Art Street 2016, Niigata, Japan
新潟オフィスアートストリート2016
(September 24 - October 23)

Icke and friends, Werner Thöni Artspace WTA
(September 2 - October 7)

2015 - 2016

1人用美術館「創造する自分」、ヘアサロンMADAEN、東京
「訪れる人を外見・内面ともに変化させる」ことを目指したヘアスタイリング、フローラルデザイナーとのコラボ展
(November 11, 2015 - January 31, 2016)

2015

Curves & Lines, Linus Gallery LA
https://www.youtube.com/watch?v=hfWhyhGaxq4
(February, Selected online Exhibition)

2014

Homing Pigeon, Nitehi works 509kadoue (Yokohama, Japan)
世界を巡る写真展 Homing Pigeon「伝書鳩:其の三・横浜編」、Nitehi works 509kadoue、横浜
(October 27 - November 2)

The Senses, Linus Gallery LA
(March, Selected online Exhibition)

Pop up art show LA
(March 15 - March 31)

2013 - 2014

_ _ ORNAM_NTS 3: Art Fortunes Group show of artists' ornaments
Balconi Coffee Company + Cafemode present, Los Angeles
curated by Kio Griffith
(December 20 2013 - January 12 2014)

2013

Onward - Navigating the Japanese Future 2013展
by Artrates, Hive Gallery, Los Angeles
(December 19 - 28)

ARTLABO X 2013 Final by The Artcomplex Center of Tokyo×C/LABORATORY, Tokyo
ARTLABO X 2013最終展示、アートコンプレックスセンターTokyo
(December 13 - 15)

ARTLABO X 2013 by The Artcomplex Center of Tokyo×C/LABORATORY, Tokyo
ARTLABO X 2013、アートコンプレックスセンターTokyo
(October 15 - 20)

Nature photo exhibition, with 12people, LAND&SEA GARAGE GALLERY, Tokyo
大地と草原の歩き方写真展、LAND&SEAガレージギャラリー
※地球の歩き方取材写真展示
by Japanese Famouse Travel guide book,
(February 23 - March 3)

"Residence in the Gallery" The Artcomplex Center of Tokyo, Tokyo
ギャラリーを仕事場にする4週間、アートコンプレックスセンターTokyo
(July 10 - August 2)

Award

2016

Tokonoma art competition 5th selected, Japan
古湯温泉ONCRI 第5回「床の間アートコンペ 」 入選, 日本

Granship art competition 2016 Encouragement award, Jpan
グランシップアートコンペ2016 奨励賞, 日本

2014

PM AWARDS CONTEST 2014, Landscapes, Ecology,Travel/Tourism Best photographer of the year, Uruguay
http://www.mulafoco.org/index.php/mulafoco-int-l-photography-awards/finalists-2014

PM AWARDS コンテスト2014 風景、エコロジー、旅行部門 ベストフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー受賞, ウルグアイ

2013

Granship art competition 2014, Encouragement award, Jpan
グランシップアートコンペ2014 奨励賞, 日本

Selected Residencies

2017

Aboa Vetus & Ars Nova, Artist in Residence -program, Turku Finland
(March - May)

2016

ALTE SCHULE, Hohenstein, German
(May 10 - 31)

NCCA Art Residence Kronstadt, St Petersburg, Russia
(April 4 - 26)

Werner Thöni Artspace, Barcelona, Spain
(January 5 - March 31)

Crowdfunding Projects

2016

世界中の絵をつなげた「SORA」 スリランカに運び、子どもたちの絵とつなぎたい!
https://a-port.asahi.com/projects/sora_ouma
(February 19 - April 8)

2015

世界の誰かとパートナーになれる!iPS細胞のアクセサリーで人と人との繋がりを可視化しよう!
https://motion-gallery.net/projects/cell_art_ouma
(January 7 - February 13)

2014

アートで心の癒やしを!獣医×作家「Ouma」と一緒にNYに自分の夢を掲げよう!
http://camp-fire.jp/projects/view/1037
(June 2 - August 1)
このプロジェクトにご支援いただいた方はこちらのページから確認できます。
http://oumavet.com/partner.html

Events

2015

Live Painting Event "1+4 hands", Kuramae4273 Creative garage, Tokyo
浅草の職人とのコラボイベント"1+4 hands(ワンフォーハンズ)"、蔵前4273クリエイティブガレージ、東京
After the event, the artwork was changed to bags by an artisan living in Asakusa.
アーティスト4人によるライブペイントイベントで、描きあがった作品は浅草の職人の手によりバッグとして販売される。
(May 22)

2014

Lovers Festival "GO TO HEAVEN", JOYPOLIS, Tokyo
夏の神フェスパーティ、東京ジョイポリス
(展示参加 June 28)