Ouma - Cell Artist -

Make "ONE ART" like "SKY" together - SORA project - Since 2013~

SORA projects

「SORA」は、世界中の誰もが参加でき、永遠に成長し続けるアート作品です。世界で最も多くの人の心を動かす作品があるとしたら、それは自分や身近な人が関わっている作品だと私は思っています。「SORA」はA4サイズの紙に自由にぬり絵をしてもらい、できた絵をつなげると下絵の線がつながって、1つの作品になるという参加型のアートワークで、関わる人が増えるほど大きく育ちます。

SORAプロジェクト応援グッズはこちらから!↓
SORAプロジェクト応援グッズはこちら

人種、言語、職業、性別、宗教、特徴、年齢など、その人の背景を問わず、さまざまな人に参加してもらうことで、「関わりのなかった存在のことを知り、ヒトの多様性を伝えたい」という思いから、2013年9月より継続して行っています(旧名:天才プロジェクト)。
アウシュビッツに送られた精神科医フランクル氏の著書「夜と霧」に、疲れ切った体で道を歩いていた時、真っ赤な空を見上げ、みなが同じ思いで息を呑んでその光景を見守ったという話が書かれていました。世界に1つしかなくて、すべての存在が平等に見上げることのできる空。もしも、空のようなものを作れたら、あらゆる背景を超えて、人の心を動かすことができるのではないか、それが私の仮説です。
すべての人の心を動かす「SORA」は、私1人の力で創ることはできません。自分が関わること、友達や家族が関わっていること、自分との関係性を「SORA」の中に見ることで、より「SORA」は人の心に触れるものになるのだと思っています。
このプロジェクトは、様々な人の絵を集めながら人と共に成長し、世界に1つのSORAのような作品として、世界各地で展示公開することを目標としています。

<方法>
1)A4サイズの紙に参加者が塗り絵をする。
2)絵にはもともと線が描かれており、完成後にくっつける。
3)現状の絵とつながり、さらに作品が大きくなる。
制作の指導はなく、自由に描いてもらいます。これまでにも他の人の絵や描き方を見て、自分の絵に取り入れる参加者が多かったため、自由創作により発見を促します。白紙からの創作でないことが制作のハードルを下げ、誰でも参加しやすくなっています。
使用画材:クレヨン、ゲルマーカー(手の力の弱い人でも描きやすいソフトクレヨン)、オイルパステル、水彩色鉛筆、折り紙、綿、和紙、絵の具、毛糸、布の端切れなど

ワークショップを希望している団体さんや、屋内の展示会場をお持ちの方などはぜひ、ご連絡くださいませ。

>>プロジェクトの企画書はこちらからダウンロードできます。

>>SORAプロジェクト応援グッズはこちらから購入できます。

SORA projects

SORA Project, Work title is "World ∞ / SORA".

This project has been keeping since September, 2013. The core message is "All people have original individuality and equal value." Everyone takes part in this project and make "the World" together. I don’t ask their race, sex, language, country, religion, special featurea. All individuality has equal value.

--Method I draw cell art on A4 papers. The participants paint on the drawings freely. After painting, I’ll connect all works. Then, lines are connected. We can make One work together. The work is growing as the participants increase. Much of participants put their name on the drawings for memory.

--Voice and effect I usually active in the hospital or Welfare work places. The work reached in Thailand and high school students joined this on November 2015. Whenever I show the pictures of Thailand, they shout for joy. Some children who stay in hospital are really serious. Their family is also in a hard time. They can’t go to abroad even outside of hospital, but the paintings can travel anywhere with their names. This project is kind of art therapy. Because when they just focus on drawing, Doctors and nurses sometimes come to see the work after connecting and enjoy the work together.

--Goal The final goal is involving all human beings. It means that my goal is that 7,000,000,000 people join this project. However, I collect 10,000 paintings first. Art is culture, economy, creativity, academy, science, medical and history. Only art includes everything. I’d like to travel with this art work to all over the world. When you see this work, if your children or yourself join this, you’ll look for yours first. You’ll see the other works and find your favorite after that. I wonder how many countries we know. How many races there are. We don’t know each other so start to know first. Before using the bombs, we can see each other. The people, who were working in Auschwitz-Birkenau, looked up at the sky under the hardest time in their life. The sky was red and vivid orange. It was very beautiful, Dr. Frankl wrote. The sky is equal value for all human beings. No words. Always there. I’d like to create as beautiful as the sky for us which gave them "hope" under a painful situation. I think that connection is very important. We are not alone. We are always connecting each other. I can’t make the sky by myself. I need your help. Manmade sky requires all human beings help.

SORAプロジェクトは、世界中の人から絵を集めて、1つのアートをつくろうというプロジェクトです。下書きの線を私が描き、色をつけてもらってから繋げると、下絵の線がつながって一つの作品になるというものです。このプロジェクトは「共創型の美術」であり、「所有」に対する疑問を投げかけています。作品全体には「The World ∞(ワールドインフィニティ)」というタイトルがついていて、Oumaの作品です。ですが、絵を描いてくれた人たちは必ず、描いた部分を「自分の作品」と言います。それぞれのピースには自分のサインが入っているものもあり、それによってこの作品は問いかけているのです。
「結局、この作品は誰のものなのか?」
このプロジェクト自体は生物そのもの、人間の身体そのものの構造を成していると私は考えています。
1ピースの作品が1細胞(生命)を、全体がヒトとしての1生命を表しています。1細胞が自分の権利主張をすることは、果たして1ヒトにとっては幸福なことなのでしょうか。そもそも、トップアーティストと言われる人の多くは、すでに自分の手は動かしていません。彼らのオーダーを受けて作品作りに協力した人たちも、それが自分の作品だとは主張しないでしょう。プロジェクトでは、Oumaの描いた下書きの線を上書きして消して構わないとしています。できあがったものを、描いた人は必ず「自分の作品」だと主張します。果たしてこの作品はどこまでが誰のものなのでしょう。
私たちはすでに、所有を必要としていないのです。私はアートを通じて、総体としてのつながりを感じさせ、繰り返される創造と破壊という流動的な所有権を鑑賞者に還元します。

My art project "SORA (the sky)" since 2013 is trying to co-create with others a single piece of art by assembling lots of pieces of pictures painted by people from all over the world: by letting people paint their respective pieces of my drawing and putting the painted pieces together to make a solo work of art. This project aims to realize "fine arts of co-creation" , poising a doubt to "ownership".
The finished work is titled, "The World ∞(world infinity)", composing a work of Ouma, although each piece of which still is a work of the painter sometimes autographed in it. This is how the completed work is questioning. "So, whose work is it eventually?" My thinking is that SORA is an attempt to show the structure of living things themselves and human body itself.
Each piece represents a cell (a life); the total work signifies an individual human life. Does it make the person happy to let a cell claim its rights? I think "top artists" when they are recognized as such are no more creating with their own hands; many collaborators who help top artists would no more claim their originalities. Project SORA allows the participants to erase by painting over the lines drawn by Ouma. Any work of arts is always claimed by the drawer as "his/her work". However, I wonder to what extent the ownership could be claimed over the SORA works.
I believe we no longer need ownership idea. Through my artistic activities, I am trying to let the participants and viewers perceive the con-sequential totality of the work and return to the viewers the liquidatable ownership of the work signifying the repetition of creation and destruction.

活動マップ / Activity Map

活動履歴 / Action History

Collecting Numbers:1548pieces
Size:width / 46m04cm(1813inch) height / 2m10cm(82.7inch)
Places:32
Countries:10(日本、タイ王国、スペイン、ウガンダ共和国、ロシア連邦、ドイツ連邦共和国、スリランカ民主社会主義共和国、バヌアツ共和国、アメリカ合衆国、ルーマニア / Japan, Thailand, Spain, Uganda, Russia, Germany, Sri Lanka, Vanuatu, America, România)

2017

Joseph Haltrich, 32 children from Bobo and Irinel Afterschool and Pinocchio Kindergarten,Sighisoara Romania/33枚(July 25)
Sophie's Kindergarten, 21 children and 3 teachers,Sighisoara Romania/22枚(July 12)
Portledge School, 5th and 6th grade students, New York/31枚(March 9)
WEST LA ART CENTER, Los Angels/6枚(February 4)
Kids artistic sense, Los Angels/20枚(January 28)

2016

三菱製紙株式会社両国本社ショールーム(報告展示)(December 1 - 16)
バヌアツ共和国エスピリトゥサント島(ホグハーバー小学校160人、サラ小学校60人、ヴィルヴィル小学校60人)/70枚(November 23 - 25)
スカイツリーソラマチスペース634(November 27)/80枚
たばこと塩の博物館(November 26)/41枚
アカ族の子どもたちの寮「若竹」(November 13)/55枚
ダムロン高校(タイ、チェンライ)(November 12)/122枚
習志野台幼稚園(千葉県/展示・ワークショップ)(August 27 - 31)/40枚
 →活動動画:https://youtu.be/uWVsEhmTlyk
ソラマチ観光プラザまち処(墨田区/展示・ワークショップ)(August 26 - 31)/100枚
Gallery kissa(展示/「7つのSORAの下」)(July 9 - 31)
Sputnik Japanese School(スプートニクスリランカ)(June 9)/149
( D.B.Welagedara(中学生が中心) 58人、Kadurugahamaridda(中学生が中心) 48人、Sputnik Japanese School 28人、Sputnik Girls Home 19人+近隣の村の子どもたちが参加 約170人
Alte Schule Hohenstein(May 26)/10枚
Art-League gallery(April 24)/16枚
IID世田谷ものづくり学校(April 1 - 3)/つなげた絵を共同で描くイベントに。3日で77人が参加、170枚
Nyaka(二ヤカ)村/Nyaka小学校・Kutamb, Uganda(NPO Heart&Earthの協力による March 22)/28枚
エイブルアート芸大所属作家(March 13)/11枚
Werner Thoni Artspace, Barcelona Spain(March 3 - 19 )/6枚
クラウドファンディング:世界中の絵をつなげた「SORA」 スリランカに運び、子どもたちの絵とつなぎたい!(Feburuary 19 - April 8)/150枚

2015

Gallery kissa(December 30)/6枚(+20枚 制作中)
台東区立浅草小学校(December 15)/59枚
キッズサポートりま(December 7 -)/29枚
NPO Smiling Hospital Japanの活動(December 2)/4枚
つなぐ台東 たいとう第三福祉作業所(November 19)/28枚
NPO Smiling Hospital Japanの活動(November 10)/15枚(+10枚 制作中)
ダムロン高校(タイ、チェンライ)、アカ族の子どもたちの寮「夢の家」/計113枚(November 6 - 10)
NPO Smiling Hospital Japanの活動(October 9)/30枚
横浜南養護学校(September 1 -)/(+24枚)
つなぐ台東 たいとう第三福祉作業所(July 16)/30枚
NPO Smiling Hospital Japanの活動(July 15)/20枚
NPO Smiling Hospital Japanの活動(June 9)/20枚

2013

The genius project, cafe nook, Tokyo(天才展、カフェnook)(September 19 - October 2)/30枚

SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects SORA projects

受賞歴/Award

2016

グランシップアートコンペ2016, 日本
奨励賞受賞

協賛/Sponsorship

三菱製紙株式会社 MITSUBISHI PAPER MILLS LIMITED 様:https://www.mpm.co.jp/
 - 上質紙「金菱104.7g/㎡」B4サイズ、Nパールデラックス(板紙)「320g/㎡」A4サイズを提供いただきました。
株式会社おもちゃ箱 様:http://www.omochabako.co.jp/
 - みつろうクレヨンをご提供いただきました。
株式会社ターレンスジャパン 様:http://www.talens.co.jp/index2.html
 - サクラクレパス、ヌーベルカレーパステル、アムステルダム(アクリル絵の具)、クレパスワニス、絵筆、紙パレットなどをご提供いただきました。
株式会社リアライズ 様:http://realize-net.com/
 - 缶バッジ、iPhoneケース、Tシャツ、カップをご提供いただきました。
 SORAプロジェクト応援グッズはこちらから;https://oumavet.edis-on.com/item/lists.html

協力/ Cooperation

宮原美香(臨床美術士)
Emiko Fujino(鉄塔写真家)

活動先/Activity area

NPO Smiling Hospital Japan:http://smilinghpj.org/
特定非営利活動法人つなぐ台東:http://taitou-tunagu.or.jp/top/index.html
NPO Heart&Earth:http://heartearth.wix.com/home
NPOタイ国学生日本語教育環境支援プロジェクト:http://www.tgkobe.org/GroupDetail.asp?id=778
キッズサポートりま:http://www.sumida25.net/s427/
エイブルアート芸大:http://www.ableart.org/
Sputnik Sri Lanka(Sputnik International):http://sputnik-international.jp/
習志野台幼稚園|学校法人SEiRYO学園:http://www.narashinodai.ed.jp/

クラウドファンディング / Crowdfunding

2016

世界中の絵をつなげた「SORA」 スリランカに運び、子どもたちの絵とつなぎたい!
https://a-port.asahi.com/projects/sora_ouma
期間:2016年2月19日~4月8日まで
支援者数:56人、支援額:323,577円

メディア / Media

2017

(March 18) 週刊NY生活:オーマさんNYで講習会

2016

(July 11) 浅草経済新聞:蔵前で7カ国をつなぐ作品展 迷路のような展示や腐るアートも
(July 4) Lakvima(ラクビマ):スリランカの新聞にご紹介いただきました!※Vimaは大地、Lakはスリランカ(Sri Lanka)のLak
Lakvima / SORAプロジェクト
(July 1) Manvima:スリランカの新聞にご紹介いただきました!※Manは=Anma(母)の意
Manvima / SORAプロジェクト
(March 31) 三軒茶屋経済新聞:世田谷・池尻で塗り絵ワークショップ つないだ巨大作品は「世界旅行」へ
(May 5) ROOMY:ロシアでの作品展示時のインタビュー
(March 31) 三軒茶屋経済新聞:世田谷・池尻で塗り絵ワークショップ つないだ巨大作品は「世界旅行」へ
(March 9) Cellular i el projecte Sora:https://enclaudart.wordpress.com/2016/03/09/cellular-i-el-projecte-sola/

2015

(December 16) 浅草経済新聞:浅草でタイと地元の子どもたちがアート通じつながる 「全ての人は天才」がモットー

プレスリリース / Press Release

2016

(June 23)世界中から集まった絵をつなぐアートプロジェクト7か国目のスリランカで約170人の子どもたちと実施!
https://www.value-press.com/pressrelease/164713

(May 31)世界に広がる参加型アートプロジェクト「SORA」参加6か国目となるドイツで開催!
https://www.value-press.com/pressrelease/163275

(April 11)4か国から集まった約700枚の絵がスリランカへ!世界で一番大きな参加型アート作品目指す「SORA」
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000079.000009682.html

(March 14)世界中から集めた絵で空のような巨大アートをつくる、SORAプロジェクトがIID世田谷ものづくり学校で開催!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000009682.html

(Feburuary 19)世界中の人の絵をつなげたアート作品「SORA」スリランカに運ぶためにクラウドファンディングを開始!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000009682.html

2015

(November 4)1万人の絵をつなげ1作品にするアートプロジェクト、日本の子どもたちからタイの高校生へ届く!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000009682.html

(July 28)入院中の子どもたちや、障がい者の絵を1つの巨大な作品にする「天才プロジェクト」に三菱製紙が協賛!
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000009682.html

参加者の声 / Voice

「子ども達の作品が世界に渡るなんて夢みたい!」
「展示されたら親子で見に行きたい」
「24時間テレビみたい!」
「すごくクリエイティブ、Mind blowing(心が揺れ動くよう)」

SORA projects