Ouma - Cell Artist -

PAGE TOP

The World Ⅳ

Ouma
Acrylic and pen on Finnish and Japanese paper, size changeable, 2017

フィンランドと日本の紙を使った作品です。もともとは一つの円環状につながった作品を細切れにして積み上げています。そのため、すべてのピースがつながっています。
この作品は「盗む」ことが許されています。盗むというのはつまり、誰にも見つからないように、誰かのものを密かに入手することです。盗まれた作品は作家のものなのか、盗んだ人の物なのか。

私たちは道端の落ち葉を拾って持ち帰ることができる。床に落ちている誰かの髪の毛を拾って帰ることができる。
私たちはどこまでを所有していてどこまでを所有していないのでしょう。また、所有する価値があるものとはなんでしょう。

誰かが作品の一部を盗んだとしたら、すべてがつながっているこの作品の「完全性」は失われます。しかし、作品が盗まれたかどうか、どの程度減ったかは、私たちは知ることができません。

盗まれた作品の見映えは、盗まれていない時とほぼ変わらないでしょう。
果たしてその価値は下がるのでしょうか?

本作は「所有」と「価値」とは何か、あなたに問いかけます。

This work is made of papers from Finland and Japanese.
Original work is the circle. I cut it up small pieces and piled up.
All pieces are connecting with lines.

You are allowed to steal these small pieces.
In short, you can get them with keeping it a secret from others.
I wonder who is the owner of the works which they stole.

We can take back the leaves on the ground.
We can pick somebody's hairs on the floor and bring them back without asking.
I wonder how far we can possess or can't.
and What is the valuable thing which we can own so long.

If somebody steal them, the perfection of this work will be losed.
However, we don't know if somebody really stole them or how much it'll be decreasing.
There are no difference of appearance between the stolen work and not stolen work.
The work will fall in value or not, after they stole some.

This work challenges you what is the ownership and the value.

The World Ⅳ
The World Ⅳ
The World Ⅳ
The World Ⅳ

▶artwork top